美ら海水族館 タッチプール

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
LINEで送る
Pocket

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(photo by oki-churaumi.jp)

父が沖縄人の私が一度は行くべきだと思う場所があります。
タイトルの通り、沖縄美ら海水族館です!

テレビや雑誌等で度々見かけたことはあると思います。
特に世界最大級の大水槽があることでも有名ですね。

しかしやはり近くで実際に見るのとメディアを通してみるのでは大違いなのです。

大水槽ばかりに目が行きがちですが、美ら海水族館は水族館自体がとても大きいです。

まず印象に残っているのが、ヒトデやナマコといった生物とふれあえるタッチプールです。

当時小さかった従兄弟と行ったのですが、ちびっ子たちは大喜びでした。
むにむにとするヒトデを手に取ってにんまり楽しそうにしていたのを良く覚えています。

続いて珊瑚や熱帯魚の水槽へ。
色とりどりで、とても綺麗でした。
たくさんの熱帯魚達が差し込む光の中を気持ち良さそうに泳いでいるのはなんとも絵になります。

そしてお待ちかねの大水槽!
想像するよりずっと大きな水槽で、大きなジンベイザメやマンタが悠々と泳いでいるのです。

ジンベイザメくらいなら、他の水族館にもいる、と思われるかもしれません。

しかしジンベイザメやマンタ、他にもたくさんの魚達がいるのに全くせまぜましくないのです。

まさに圧巻。
何枚も何枚も写真にとって、それでも足りないくらいでした。

沖縄は遠いし、と思われるかもしれません。
お金がかかるし、と思われるかもしれません。

しかし絶対行って損はないのです!
必ず行って良かったと思える場所です。

是非たくさんの方に訪れて欲しいスポットでした。